【Mac】ChromeのショートカットをCtrlキーに変更する

JIS配列のキーボードだと、Commandキーを押すのが割と面倒くさいです。

MacのChromeは、デフォルトではCommandキーがショートカットとして利用されています。

これが結構ストレスに感じたので、Ctrlキーをショートカットとして登録していきます。

Chromeのショートカットを変更

  • 「システム環境設定」>「キーボード」>「ショートカット」を選択
  • 「アプリケーション」>「+」を選択
  • アプリケーションに「Chrome」を選択し、ショートカットを登録

このように、アプリ毎にショートカットキーを編集することができるみたいです。

参考までに、私のChromeのショートカットキーを載せます。

これで、Ctrlキーでショートカットが使えるようになりました。

とくに、タブの移動がとても楽になりました。

最後に

ついでに、私が重宝しているChromeのプラグインを紹介します。

これは、動画の再生速度を上げ下げできるプラグインです。

動画であれば、どんなサイトでも再生速度を変更できます(使い方はココ)。

(次のVimiumというプラグインも入れる場合、ショートカットキーが被るため、キーの変更をした方が便利です)

動画を倍速で見ることが多い私にとっては、とても嬉しいプラグインです。

これは、ChromeをVimっぽく使うことができるプラグインです。

jキーやkキーでページをスクロールしたり、HキーやLキーでページを戻ったり進んだりできるので、キーボードから手を離さずにネットサーフィンすることができます。

細かい使い方は、こちらの記事が参考になるかと思います。

正直、このプラグインを入れると、今回の設定は不要なぐらい便利になります。

(私の場合、訳あってVimiumとの使い分けが必要でした)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。